個人差がありますが多くの場合は6ヶ月

この力はFDA(米国厚生省)も認めており、安全性も不廉薬品です。エラが張ってることが悩みである場合は咬筋(歯を食いしばった際に使われる筋肉)にボトックス注射を行い、周囲にエラの部分をなじませることが可能です。理想のフェイスラインを作り出す為に、このボトックスのちからを活用して表情筋を調節するというのがボトックスを使ったプチ整形です。近年人気が高まっているプチ整形はメスを使わずに低リスクで出来るものでしょう。ある意味非常に効果が出やすく、プチ整形で使われているボトックスの量は微量ということで安全で、効果も緩やかなので自然な変化をすることができます。メスを使わない整形の秘密はタンパク質の一種であるボトックスが持つ、筋肉の活動を抑制する力にあるのです。鼻の形に悩みがある人が鼻筋を通すためにボトックスを注入しましましましましたり、目の周りに注入して若々しく保ったり、上唇と鼻の間に注入してガミースマイル(笑った際に歯肉が見える状態)を改善することも出来ます。これもボトックス注射の大きな魅力で、自分好みの状態を見つけて調節するだけは容易にできます。ちょっぴりずつ効果が薄くなっていくので、急に顔立ちが変わるというものはありません。ボトックス注射の持続時間は個人差があるのがすべての場合は6ヶ月くらいですのですのですのですのです。